2015年4月18日土曜日

英語に正面から向き合って取り組んだから

わたしはずっと英語に正面から向き合って学習を続けてきました。
それで、記憶力のレベルが落ちた年齢にもかかわらず、英会話が話せる
ようになったと思っています。


多くの人達はいろいろな学習をしているけれど、なかなか話せるように
ならないのは、やり易いことだけをやって、本当にやらないといけない
ことをやらないからだと思います。


わからない英単語を調べたり、例文を調べてノートに書いたり、そして
それを見て復習して覚えたり・・など。


また、
・1日5分くらいただ聞き流しているだけでペラペラ喋れないかな?
・ただ動画や映画を見るだけで英語力をアップできないかな?
・ネイティブ先生のいる英会話スクールに通うだけで英語をマスター
  できないかな?

などと、甘い期待を持っているうちは、決して話せるようにはならない
でしょう。


「よし今日からやるぞ!」・・とせっかく決意しても、楽なことに慣れ
た自分は、すぐに飽きてしまい続けることができません。


英語を本当に話せるようになりたいのなら、甘い考えを捨ててきっちり
と「正面から向き合って」取り組むべきなのです。


そのことを強く決意して、学習を再スタートさせるべきなのです。


その姿勢で学習をする中に、効率の良いやり方やそうでないやり方、
学習する人を強く後押しする優れた教材や本などがあるのです。


わたしの場合は幸いにも海外派遣のため、どうしても英語を話さないと
いけない事情があったので、その面倒くさいことに正面から向き合うこ
とができました。


そして少しだけ話せるようになり、英語を話す楽しさを知ってから、
英語の勉強を楽な気持ちで続けることができるようになりました。


勉強することが次の楽しいことにつながると、実感できたからです。


「楽しさ」を感じることは、何かを継続するにあたり本当に大事なこと
だと感じています。


・英語と真正面から向き合うきっかけがあったこと
・英語を話すことの楽しさを知ったこと


この2つが、わたしが英語を話せるようになったことへの、一番大きな
要因だったと思っています。


さてあなたは、英語に正面から向き合えますか?
それともまだ「聞き流すだけでペラペラ・・」を追い求めますか?